収入証明不要の条件

300×250

プロミスなら50万円以下の借り入れなら原則収入証明不要!

収入証明書類の発行は意外と面倒くさいですよね・・・

消費者金融でお金を借りるときには、いくつか通らなくてはならない関門があります。
まず最初に、運転免許証やパスポート等の身分証明書の提示。
それから、在籍確認の電話。
そして、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類の送付。
これらのやりとりはあなたの身分や収入を証明するためにどうしても必要になってくるのですが、いずれもできれば避けたいという気持ちもわかります。

在籍確認については、それをうまく対応する方法についてこちらの在籍確認のページに書きました。
ここに書かれた方法を使えば、在籍確認はかなりスムーズに行うことができるかと思います。
でも、収入証明についてはちょっとやっかいですよね。

源泉徴収票や確定申告書については最新のものでないといけないので、会社から取り寄せることになりますが、
会社の経理の人にお願いするのって、やっぱり「消費者金融を利用しようとしているのかな?」と思われる可能性は否定出来ないですよね。
でも、やっぱりそういうことはあまり堂々とできない部分もあると思うので、できればコッソリと行いたい。
そのためには、できれば収入証明書類の提出は避けたいところ。
あーもう!面倒だなあ!
そう思われるかもしれません。
でも、大丈夫です!
プロミスなら、原則収入証明書類の提出が不要になることが可能なのです!
その裏技的方法について解説します。

この条件をクリアできれば収入証明書類の提出は原則不要になります!

では、プロミスで収入証明書類の提出が不要になる条件はどうなっているのでしょうか?
プロミスでは、

●借入金額が50万円以下の場合
●希望の借入金額と、他社の借入残高の合計が100万円以下の場合

この2つの条件を満たせば、原則収入証明書類の提出は不要、ということになっています。
ですから、他社の借り入れがなく、また50万円という大金を借りようとしなければ、収入証明書類の提出は不要なのです。
これだったら、月に数万円程度の借り入れをしている人だったらまず大丈夫。書類提出はせずに済むのです。
さすがプロミス、太っ腹ですね!自分のことを信頼してくれている、という気持ちになりますね!

ちなみに、上記の条件を満たしていない場合は収入証明書類の提出が必要ですが、この書類とは

●源泉徴収票(最新のもの)
●確定申告書(最新のもの)
●給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
のいずれか1点の提出になります。
ちょっと面倒ですよね・・・
そんなわけで、まとまったお金を借りたいけどこうした書類の提出はちょっと・・・と思うのであれば、借入金額を49万円に抑えておくことですね。
そうすれば書類の提出は原則不要になるので、安心してお金を借りることが出来ます。

収入証明書類の提出は50万円から!
こう覚えておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket