お年を召した方への対応

20110516追加 728*90

プロミスのお年を召した方への対応

借り入れには年齢制限があります

高齢者大国、日本。
今や人口の半分はお年寄りで占められていると言われています。
そして、この傾向は今後ますます加速度的に増えていく、とされています。
そうなると、おそらく若い人たちだけではお年寄りを支えきれなくなってくるでしょうし、お年を召した方でも働ける人は働かないと社会が回っていかなくなるでしょうね。
いまはその過渡期にあると思われます。
多くの企業では定年が引き伸ばされたりしていますが、それでも60歳ごろになると、第一線から退いて、悠々自適の生活に入るひとがほとんど。

いえいえ!悠々自適なんか、そんな悠長なこと言っていられませんよ!
会社をやめても、年金が支給され始めるのは65歳から。
会社に年金制度があるような大企業に勤めていたのならともかく、普通の人は年金だけでは暮らしていくのが精一杯。
もし大病なんかを患ったら、とたんに家計は破綻してしまいます。
もしもの時に、蓄えがなかったら・・・

そんな時にはお金を借りてなんとかしなければなりませんが、今の日本ではほとんどの金融機関が借り入れに年齢制限を設けています。
この年齢制限にひっかかると、どんなに善良な市民であっても門前払いされるのです。

70歳以上の方は、残念ながら借り入れはできません。

日本の金融機関はこのようにほとんどがローンやキャッシングに対して年齢制限を設けています。
その年令はだいたい65~70歳。
70歳を超えても借り入れができる金融機関はほぼありません。

例えばプロミスは年齢が20~69歳以下と決められています。
70歳になってしまうと、もうその時点から借り入れは不可能になってしまうのです。

こうした状況は、今後日本の高齢化社会が進んでいくにつれ、変化していく可能性は高いです。
上にも書いたように、高齢者でも働いていかないといけなくなるでしょうし、金融機関の側としても、年齢制限を緩めないと借りる人がいなくなる可能性があるわけですから。
ですが、現状ではまだそこまで事態は進んでいないので、70歳以上の人は借り入れを諦めるしかないのです。

468*24

65歳以下の人でも審査に落ちることも

お年を召していて、収入がない場合、状況は厳しいです。

では、65歳以下の人は、すんなりお金が借りられるかというと、それはちょっと厳しい答えが待っています。
お年を召した方は正直に言うと借り入れが難しいのです。審査が厳しくなってしまうのですね。
特に、仕事を辞められて、年金生活の方の場合、審査は非常に厳しいものになるでしょう。
反対に、お年を召していてもまだ現役バリバリで働いていて、年収もたっぷりあるのであれば、すんなり審査に通る場合もあります。
そのあたりは明確な線引はできませんが、基本的には50代後半ぐらいから徐々に審査は厳しくなってくると思っておけばそう大きく間違いはないでしょう。

まずは事前診断から試してみましょう。

このように、お年を召した方は借り入れがちょっと難しくなってきます。
ですから、いきなり借り入れを申し込むのではなく、まずは「3秒診断」から試してみましょう。
このプロミスの「3秒診断」は、正式な借り入れの申し込みの前に簡易的に借り入れが可能かどうかを診断してくれるというもの。
この3秒診断に年齢と年収、他社借入状況を入力して、ボタンを押せば、借り入れが可能かどうかたったの3秒で診断してくれます。
ここでNGが出てしまうと、実際の借入申し込みもまず通らないと思っていいでしょう。
逆に、OKが出た場合は、100%借り入れが可能ではありませんが、申し込みをトライする価値はあると言えます。
まずはこの3秒診断をやってみて、借り入れが可能であれば申し込みをしてみましょう。
いい結果が出ることを祈っています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket